ホームシアターのトムテック B-Side

過去の豊富な導入実績より、お客様に最適なシアター空間をご提案いたします。 ご予算やお部屋をお伝えいただければイメージ図を無料で作成いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい

建売住宅(既存住宅)へのシアター設置

2017年6月に建売住宅(既存住宅)に使用中のシアターシステムを設置してほしいと
メールでお問い合わせがあり、下見にお伺いさせていただきました。

20170611.jpg

吹き抜けの天井で、リアスピーカーやプロジェクターまでの映像ケーブルなど
できるだけ目立たないよう、左側のダイニングスペースの天井裏にケーブルを
通したいため、埋込のダウンライトや点検口など開けて天井裏をチェック。

何とか通せる隙間を見つけ、ケーブルhがすべて隠蔽できることを確認。
後日、見積もりもOKをもらい、設置にお伺いさせていただきました。

20170704-1.jpg
まずは持っているアンソニーギャロのマイクロサテライトをオプションの
埋め込むためのMCMのサイズに穴を吹き抜け斜め天井に穴をあけて、
後ろの廊下側に向けてケーブルを配線。

20170704-2.jpg

プロジェクターも投射距離上の問題で、後ろの廊下側に設置
電源も天井裏から確保しました。
20170704-6.jpg

天井裏から壁の中にケーブルを通すのに少しだけ露出してしまうので、コーナーカバーを
取り付けてケーブルが見えないように施工。
20170704-3.jpg

スクリーンは壁から20cm離して設置して電源も床から壁の中を通して、スクリーン横に
コンセントを設けました。
20170704-5.jpg

ケーブル類をすべて隠蔽できたことに、お客様にも大変喜んでいただけました。

20170704-4.jpg


埋込のダウンライトなどあると、既存の住宅やマンションなどにおいても、ケーブルを
隠蔽できることもあります。
隠蔽施工に関して、お悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

PageTop

3管式プロジェクターから固定画素プロジェクターへ

SONY VPH-G70を使用中のお客様

3管式プロジェクターを撤去して、新たにSONY VPL-VW515を天吊りして欲しいとの
依頼でお伺いさせていただきました。

■ご使用中のVPH-G70
20170315-1.jpg

まずはG70を天井から下ろして撤去。

スクリーンサイズが180インチもあるので、4:3の映像も出来るだけ大きなサイズで
見たいということで、お部屋ギリギリまでプロジェクターを後ろに下げて設置。

■スチュワートの180インチ(4:3)スクリーン
20170315-3.jpg

VW515をしっかりと固定したいということで念のため天井を大きく開けて補強を入れました。
(開口跡は後日自分でクロスの張替えを行うそうです)

■SONY VPL-VW515
20170315-2.jpg

3管式プロジェクターのころから比べると、調整やメンテナンスが簡単になったと、お客様も
今までの苦労を思い返されていました。

PageTop

栃木 W様 75インチ納品

2009年に離れの施設にシアターシステムを導入していただいたW様

御自宅のテレビが小さくて見づらい・・・と連絡があり、SONY KJ-75Z9Dの
設置にお伺いさせていただきました。

20170119-1.jpg

SONYのレコーダーもお持ちでしたが、録画方法が面倒だということで
パナソニックの全自動レコーダーも合わせて購入して頂けました。

テレビのコマーシャルでご覧になられた機能の「音声検索機能付きリモコン」
を使って、YOUTUBEの検索がとても便利だと喜んでいただけました。

PageTop