FC2ブログ

ホームシアターのトムテック B-Side

過去の豊富な導入実績より、お客様に最適なシアター空間をご提案いたします。 ご予算やお部屋をお伝えいただければイメージ図を無料で作成いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山梨 S様 別荘シアターリプレイス

2000年8月(15年前)に、山梨の別荘に中古のプロジェクター「SONY VPH-V22J」を設置し120インチでの専用ルームでシアターを楽しんでおられたS様。

「オーディオ・ビジュアルRENEW応援フェア」の案内をご覧になり久々にご来店。

20150806-3.jpg

三管式プロジェクターには愛着をもたれていましたが、さすがに15年という
月日の機材の変化にプロジェクター(とAVアンプ・レコーダー)の入れ替えを決意!

↓「SONY VPH-V22J」
20150806-1.jpg

三管式プロジェクターからの変更ということもあり、黒の階調に優れた「JVC DLA-X500R」を導入
20150806-2.jpg

今まで取り付けに使用していたボルトを流用し、Eハンガー(ダクター)を加工して金具を取り付け。Eハンガーを切る際、ロータリーバンドソー(電動のこぎり)が壊れるというハプニングもありましたが、無事に設置が完了しました。

往年の邦画がお好きなS様。大映(映画会社です念のため)の映画ソフトなど、4:3のソフトも大画面で楽しみたいということでしたので、投射距離はスクリーンサイズ4:3にも対応できるように設置。レンズメモリーで16:9と切り替えできるようにセッティングしました。

AVアンプはドルビーアトモス対応のPIONEER VSA-1130を選択。自ら購入された「ジュピター 3D」にて、3Dとアトモスの動作チェックを行いました。

三管式や初期の固定画素プロジェクターのシアター、最近使ってないな...という方、是非トムテックにご連絡下さい。最小限の費用で現代のホームシアターに生まれ変わるよう、ご提案致します!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。