ホームシアターのトムテック B-Side

過去の豊富な導入実績より、お客様に最適なシアター空間をご提案いたします。 ご予算やお部屋をお伝えいただければイメージ図を無料で作成いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい

【12月31日】 アフターフォロー

2013年最後の日、スクリーンのリモコンが効かないと言うことで
足立区のお客様のところへお伺いさせていただきました。

その後会社へ戻り、年末の施工ブログを掲載し、本日の仕事納め!!!

【12月26日】リフォームシアター
【12月27日】4K対応テレビ及びLINN DS導入
【12月29日】リプレイスシアター
【12月30日】リビングシアター設置



今年もいろいろなお客様よりご相談がありうれしい限りです。


2014年も新たなスタートを迎えたいと思います。


来年もよろしくお願いいたします。


トムテック スタッフ一同

PageTop

【12月30日】 リビングシアター設置

新築でのリビングで、基本的な2WAYシアターの設置にお伺いさせていただきました。

20131230-1.jpg

↓投射距離の問題で90インチが限界のお部屋
20131230-2.jpg

プロジェクターはEPSON EH-TW8200をカーテンボックスぎりぎりに設置
20131230-3.jpg

作業は通常夕方6から7時頃までかかるのですが、この日は全てがうまく良き
夕方4時ごろには説明も含め設置完了。

お店に帰って即日、簡易取扱い説明書を作成しメールさせていただきました。

PageTop

【12月29日】 リプレイスシアター

1994年、<SONY VPH-500XJ-Ⅱ>を中心にインストールさせていただいたお客様。

長年使っていなかったらしく、シアタールームは物置状態でした。

20131229-1.jpg

再度、活躍の場を与える為SONY VPL-VW1100ESを導入することに!

↓SONY VPH-500XJ-Ⅱ
20131229-2.jpg

VW1100ESを天吊する為、500XJを吊っていたボルトを流用し、そこに
レールを組み上げ骨組みは完了!
20131229-3.jpg


無事、VW1100ESを設置することができました。
20131229-4.jpg


スクリーンは110インチワイドを導入し、アンプやレコーダーなどの機材も一新。
当然、i-Padでのコントロールもできるよう、ネットワークの環境も整えました。
20131229-5.jpg

最新の機器に変わり、操作方法に多少不安だということで、年明けに改めて、
ご説明にお伺いすることをお約束させていただきました。

PageTop

【12月27日】 4K対応テレビ及びLINN DS 導入

パイオニアプラズマテレビから4K対応のテレビに変更すると同時に
ネットワークオーディオに対応する為、LINN AKURATE DSMも一緒に導入。

↓以前のシステム
20131227-1.jpg

↓変更後のシステム
20131227-2.jpg

フロントハイトスピーカーを追加し、メインスピーカーをKEF R900を導入。
テレビが50インチからSONY KDL-65X8500Aに変更。
使わなくなった機器を取り外し、そこへAKURATE DSMとAKURATE2200/1を設置。

20131227-3.jpg

QNAPのNASをトムテックで組み上げ、リッピングも事前に行い、i-Padでの
操作も簡単に行えるということで、お客様にも満足していただけました。

PageTop

【12月26日】 リフォームシアター

キュビオス施工にあたり、お部屋の一部をリフォームしリビングシアターとして
生まれ変わりました。

設置当日は、キュビオスの設置が夕方6時ごろまでかかり、その後シアターシステムの
取り付けを行い、結局、夜11時過ぎまで作業させていただくことに!

20131226-1.jpg

スクリーンは、キュビオスの上部扉にかからないよう、ポールの部分をスクリーン
ケースの中に納まるよう110インチ特注品。
20131226-3.jpg

20131226-2.jpg

プロジェクターは、新製品のJVC DLA-X500を隣の部屋の押入れを使い、壁に穴を
開けてそこから投射。

20131226-4.jpg

壁にあいた穴は、将来見栄えの良いカバーでふさぐ予定です。

夜遅くまで作業させていただきましたが、お客様も大変喜んでいただけました。

PageTop

現場打合せに行ってきました。

来年2月に完成予定のお客様の現場打合せに行ってきました。


↓左側がスクリーン設置方向
P1050371-1.jpg

映像用の配管スペースが天井部では確保することができず
大工さんと電気屋さんと現場を眺めながら、一緒に考え何とか
床下から通すことができそうで一安心!

配管の長さを調べながら、スピーカー位置の確認。


P1050368-2.jpg

テレビが壁掛けの為、テレビに接続する為の配線スペースを
壁裏にどうやって作るか、大工さんに施工指示。

電源やLAN関連のコンセント設備を再度確認させていただき終了。

次にお伺いするときは、スクリーンボックスや補強などの
施工がされているかどうかの確認で、日程が決まれば連絡して
いただけるよう御説明させていただき終了。


図面上のやり取りだけでは、うまくことが運ぶことが少ないので
ある程度、建築知識がないと現場の施工業者と意思疎通ができないので
なかなか大変です。

PageTop

杉並 既存 リビングシアター

先月の11月26日に、プロジェクターを壁投射にて使用中のお客様より電話があり
本格的にスクリーンで楽しみたいとご相談があり、早速下見にお伺いいたしました。

当初、寝室に設置する予定でしたが、いろいろとお話させてうちにリビングルーム
に設置変更することに・・・。

P1050282-1.jpg

壁一面の収納家具の前にスクリーンを取り付けるのですが、天井と家具上部の隙間が
10cmしかなく、ロールタイプのスクリーンを選択。

プロジェクターはAcer社製をご使用中だったので短焦点の為、100インチを導入する
ことが可能。

P1050312-2.jpg

スピーカーはスッキリさせる為、天井と家具の隙間に入るものを探しましたが
予算のこともあって、なかなか見つけることができず、トムテックで使用していた
コンパクトなサテライトスピーカーを安価でお譲りすることに。

P1050316-4.jpg

リアスピーカーも、トムテックでデモしていた、スピーカークラフト「AIM5 3」を
天井に埋め込みスッキリすることができました。

AVアンプはテレビとプロジェクターの2WAYシステムの為、HDMI出力が2系統ある
ことと、アンプがスクリーンに覆いかぶさる為、スマホなどでコントロールできる
SONY STR-DN1040を選択。
P1050317-3.jpg

今のところ、4.1chシステムですが将来、センタースピーカーを導入して5.1chで
楽しみたいとのことです。

PageTop