ホームシアターのトムテック B-Side

過去の豊富な導入実績より、お客様に最適なシアター空間をご提案いたします。 ご予算やお部屋をお伝えいただければイメージ図を無料で作成いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい

六本木 3店舗同時インストール 

インテリアコーディネーターの「方からの紹介で、六本木にオープンする店舗に
映像・音響システムのインストールの依頼。

7月に打ち合わせさせていただき、8月29日に3店舗同時にプレオープンする
ということもあり、急ピッチで機材の選定および現場での打ち合わせを行い
無事、設置終了しました。

1Fと2Fはほぼ同じシステムを導入
201708258.jpg

【2F店舗】
プロジェクターでの映像投影とJBL Control65P/TとKEF Ci130.2CR
で音響システムを構築。
201708258-2F1.jpg

marantz M-CR611を使いUSENG放送をミキシングしてマイクも使えるようにしてあります。
201708258-2F2.jpg


【1F 店舗】
当初は、業務用のシステムでお考えのようでしたが、予算が膨らみできるだけ
コストをカットしたシステムということで、機器はすべて民生用のシステムでご提案。

基本は2Fのシステムと同じですが、DJでの音楽イベントとも行いたいということで
DENONのDJコントローラーMC7000を店内に設置して、奥に設置してある機材と
つなげてあります。
201708258-1F1.jpg

スピーカーはJBL Control65P/Tで統一
201708258-1F2.jpg

【地下1F 店舗】
ここは音響のシステムだけです。KEF Ci130.2CRを4本埋込
天井が一部金色なので、スピーカーは天井の色と合わせて塗装。
ちょっと派手かなとも思いましたが、出来上がりを見ると落ち着いた雰囲気。
201708258-B1.jpg

すでにオープンしていますので、ぜひ行ってみてください。

住所:港区六本木5-1-1 丸正小林ビル

2F グリル&ワインラボ 【 LAPO(ラポ) 】 OPEN 17:00-04:00
1F スタンディングBAR 【 BEBER (ベベル) 】 OPEN 15:00-04:00
B1F 現代割烹      【Terra (テラ) 】 OPEN 18:00-04:00

PageTop

世田谷 T様邸 シアタールーム

今回は地下にあるシアター専用ルームへ、ドルビーアトモス(5.1.4ch)システムでの
設置にお伺いしてきました。

スクリーンサイズは120インチで、スピーカーはほぼベストな配置で設置しました。
20170811-1.jpg

フロントスピーカー         B&W CM9 S2
センタースピーカー        B&W CMC S2
トップスピーカー(フロントリア) KEF CI160CR ×4本
リアスピーカー           DALI ZENSOR 5
サブウーファー           ECLIPSE TD316SW 2

プロジェクターは4K対応のEPSON EH-TW8300
20170811-2.jpg

お部屋にはミニキッチンもあり、ハイウエストなテーブルを設置してドリンクなど
楽しみながらの視聴ができます。

20170811-3.jpg

サラウンドとは別に、ピュアオーディオも楽しめるよう、プリメインアンプを導入し
映画を見る際は、DENON PMA-2500NEをパワーアンプとして使用しています。

また、ネットワークオーディオにも対応するため「DERA HA-N1AH40/2」を導入
marantz SA-14S1で楽しむことができます。

また、リビングルームにはmarantz M-CR611と B&W CM1 S2を設置
20170811-4.jpg

ハイセンスなインテリアと、オーディオビジュアルなどこだわりのある家となりました。

PageTop

建売住宅(既存住宅)へのシアター設置

2017年6月に建売住宅(既存住宅)に使用中のシアターシステムを設置してほしいと
メールでお問い合わせがあり、下見にお伺いさせていただきました。

20170611.jpg

吹き抜けの天井で、リアスピーカーやプロジェクターまでの映像ケーブルなど
できるだけ目立たないよう、左側のダイニングスペースの天井裏にケーブルを
通したいため、埋込のダウンライトや点検口など開けて天井裏をチェック。

何とか通せる隙間を見つけ、ケーブルhがすべて隠蔽できることを確認。
後日、見積もりもOKをもらい、設置にお伺いさせていただきました。

20170704-1.jpg
まずは持っているアンソニーギャロのマイクロサテライトをオプションの
埋め込むためのMCMのサイズに穴を吹き抜け斜め天井に穴をあけて、
後ろの廊下側に向けてケーブルを配線。

20170704-2.jpg

プロジェクターも投射距離上の問題で、後ろの廊下側に設置
電源も天井裏から確保しました。
20170704-6.jpg

天井裏から壁の中にケーブルを通すのに少しだけ露出してしまうので、コーナーカバーを
取り付けてケーブルが見えないように施工。
20170704-3.jpg

スクリーンは壁から20cm離して設置して電源も床から壁の中を通して、スクリーン横に
コンセントを設けました。
20170704-5.jpg

ケーブル類をすべて隠蔽できたことに、お客様にも大変喜んでいただけました。

20170704-4.jpg


埋込のダウンライトなどあると、既存の住宅やマンションなどにおいても、ケーブルを
隠蔽できることもあります。
隠蔽施工に関して、お悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

PageTop